【広島カープ】荒々しさも魅力だが、制球難とどう立ち向かうかが加藤の課題